方針について

 童話「ウサギとカメ」では、ゆっくりなペースでも着実に歩んだカメの方が先にゴールにたどりつきます。あきらめないで最後までやり抜く力の大切さを物語っています。
「テクノロジーの革新」と「グローバル化の波」がかつてないほどのスピードで進んでいる昨今では、カメのように自らの意思と力で最後まであきらめずに歩んでいくだけではなく、自らの頭で問題をとらえ、試行錯誤して答えを見出しながら、ウサギのような柔軟で軽やかなフットワークとスピードも大切になっています。
 ウサギとカメ、両方の特長を兼ね備えることができればよいのですが、現実にはそうはいきません。むしろ、ウサギとカメとが協力してそれぞれの個性を活かして、共に生きていくことの方がよいのではないでしょうか。変化の激しい世の中だからこそ、それがより一層大切だと考えます。
「みんなの学習室」では、単なる暗記やパターンで解き方を覚えるといったやり方ではなく、本質を理解し、自らの頭で考え、自ら答えを導き出していけるようになって欲しいと、学習教材を選んでいます。
 そして最後までやる抜けるように、どんなお子さんでも良いところを見つけ、ほめ、苦手なところを焦らないで繰り返し学習をすすめる。それをサポートしていきます。
 また、学習より大切にしているのが、同級生だけでなく下級生や上級生を思いやり、同じ教室でともに学んでいける「こころ」を育んでいくことです。相手と競争するのではなく、自分自身が向上することを目標とする。それを大切にしています。ウサギとカメが相手と競争するのではなく、ともに励まし合いながらも、自己ベストを更新しながら成長してくことをめざしています。


指導の内容について

お子さまの理解度やペースに合わせて、柔軟に教材を選択でき、また教材の内容そのものが面白く興味を持ちながら、教わるのではなく自ら答えを導くことで、自然に身に着いていく、という観点より教育事業会社の学習プログラムおよびコースを設定しています。

■年長・小学生向け算数・国語

 ガウディア 長尾6丁目教室

〜ガウディアのパンフレットより〜
ガウディアは、子どもたちが将来、社会に出たときに役に立つ「使える力」を目指した学習教室です。
幼児〜小学生は、全ての土台を作る時期。
算数=思考力、国語=読解力に特化し、
将来につながる「考える力」の土台を作ります。

※ガウディアは日能研関東と河合塾グループの共同出資会社です。
※㈱日能研、㈱日能研関東、㈱日能研東海、㈱日能研関西、㈱日能研九州の5社からなる日能研グループの1社です。
※株式会社KJホールディングス

■小学生向け英語

 Lepton 長尾6丁目教室

〜レプトンのパンフレットより〜
「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得する独自の学習法。
個別・自立学習だから、お子様が自分のペースで、好きなだけ、がんばることができます。
個別・自立学習だから、いつからでも、どの英語レベルからでも、始めることができます。
TOEIC®・TOEFL®につながる、世界標準テストJETによる達成度評価。

■中学生向け数学、国語、英語

 中学生コース

自ら学ぶことで、理解が進む楽しさと力がついたことが実感できるような、学校準拠の自立学習テキストを選定。
自分のペースで学習を進め、勉強の仕方そのものを身につけることができます。
理解できていないところは戻って学習し直すことで、定着させていきます。

■理科・社会科コース

理科・社会科コース

小5、小6、中学生を対象にして、上記各コースの受講者の方に限りオプション・コースとして受講していただけます。学校準拠の自立学習テキストを選定して、自分のペースで学習を進めながら実力をつけていきます。

■小学生向け科学

 かがく工作教室

科学技術が急速に発展することで、社会やくらしも急激に変化しています。否応なしに科学に対する正しい知識や認識が求められていきます。
科学の原理を使った工作を通じて「ふしぎ」に興味をもち、科学をもっと身近なものに感じてもらえるようになるのがねらいです。
「なぜ」を考える習慣をやしない、実際に道具(定規、ハサミ、カッター、のり、コンパス)を安全に使えるようになって、生活にも役立ててもらいます。

 

代表プロフィール

 陶山 優子(すやま ゆうこ)
製薬会社の研究所勤務後、中学理科教師を経て、当学習室を開設。
教室の運営のかたわら、ボーイスカウト活動、科学工作、絵本読み聞かせなどのボランティア活動に従事。